事故車買取の流通経路について


事故車買取に関して更に熟知するためには何が求められるかという疑問が湧いてくる。この疑問を解いていくにはやはり事故車がどのような流れを辿るか、いわば流通経路をしっかり把握することが重要となるであろう。大きく流通経路には3つの経路があると考えられている。

 ➡ ① 海外における販売経路を辿るケース

販売経路にのるための基準がある。部品の販売と違って、車の状態が比較的良好で若干の手を加える程度の修理で通常にのることができる事故車は国内外で販売経路に載せられるケースである。国内であれば、価値観等の問題で販売は困難を伴うことが多い。国内の販売業者の中には事故車ということをひたすらに隠して販売する悪質な業者も出てくる危険性がある。そこまでしなくても、国内で事故車の販売を行なっている業者は存在するが販売実績はなかなか厳しいものがありそう。ということは国内ではお金を産み出すケースは稀有といえる。つまり事故車に対する価値観は相当に減ってしまうくらい、ほとんど価値を認めない傾向にある。

そこで、事故車を一旦受け取る業者は自ずと海外に目を向けてしまう。それも発展の途上にある国にターゲットするのである。何といっても日本車は「品質」が良いという評判があり、どの国の自動車よりも優れているという最高レベルのブランドであるというイメージが定着している。彼らにとって日本車は最高級の外車というイメージである。立場を変えて考えてみると理解しやすい。例えば、ベンツ等は日本における最高級の外車というイメージを持っている状態と同じで、少し修理したベンツ等の外車は高く売れ乗られるのである。発展途上国においても同じことがいえ、少々修理してでも乗られるくらいに価値があるとみなされている。発展途上国ではある意味でのステータスであろう。

 ➡ ② 部品として売られていく経路

部品として国内外両方で売られていくケースである。但し、この場合は車としてそのまま活かすことが困難な場合がほとんどあり、部品として再利用されるケースである。このケースにおける需要は結構あるのが実情である。ましてや、海外では非常に需要が高く、人気は根強く、流通しているのが現実である。

 ➡ ③ 部品取り等の終えた末路は解体

事故車の買い取る業者もなく、部品としての採取が終えた事故車の最後は解体ということになる。解体で心配になることは解体に要する費用のことであろう。しかしながら心配は無用といっていい。その理由として部品を採取した費用が当てられるからである。つまり、解体にかかる費用は部品を採取した費用から差し引かれる仕組みになっていることが多く、解体に伴う費用を別途準備する必要はないといえる。

事故車専門の買取屋さがしはコチラ!

1位 大手カービューの事故車買取

やっぱり信用と安心がおける大手のカービューでお願いするのが一番! カービューも事故車買取査定をやっている。利用者は大手ならでは現在は400万人を突破している。メジャーサイトです。何より高く買い取ってもらえる率が一番高い。… 続きを読む »  

2位 カーセンサーも事故車買取やってます!

カーセンサーも知名度抜群!事故車の買取業者がわかります。 カービュー同様の利点があります。大手のカーセンサーは専用の事故車買取ページは無いものの事故歴、修復歴などをドロップダウンで指定できます。 これにより近くの事故車査… 続きを読む »  

3位 廃車ラボ1社に頼む

やっぱり1社のほうが良いという方はこちら! 複数に頼むといっぱいの車買取業者から連絡がくますよね。それが嫌な1社に頼むという方法もあります。ただ1社だと高く買い取ってもらえる可能性が薄くなってしまいがちです。しかしこの会… 続きを読む



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。